×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いい旅・夢気分
テレビ東京〜毎週水曜ヨル8時〜
 番組公式サイト

2008年1月30日放映
『早春の南房総〜満開の花と海の幸』千倉〜鴨川〜小湊

りかさんと一緒に旅してくださるのは前田美波里さん。
館山駅から出発です。ロケ日は1月20日とまだ真冬なんですが、さすが南房総、駅前のプランターでもう花が見れちゃう!

タクシーで海を見ながら走り、着いたのは阿波白浜。
『フローラルビレッジ名倉』という施設でお花摘みします。ひろーいお花畑にストックやポピーが咲き誇り、500円で10本の花を詰むことができるそうです(5月末まで)。少女のように楽しそうにお花を詰むおふたり。

お昼に訪れたのは、ホテルリゾートイン白浜のレストラン『菜の花』。南房総のきれいな海を窓から眺めながらのランチ。
前田美波里さんが召し上がったのは「サザエカレー」、りかさんは「手長エビのトマトクリームパスタ」でした。さすが、海辺ならではのメニュー! どちらもおいしそうです。

デザートを求めて?向かったのは『白浜イチゴ狩りセンター』。30分食べ放題。すごくおっきいイチゴをほおばるお二人。まったく酸味がなくておいしいそうです。

白浜からバスで、外房千倉に向かいます。千倉駅まで迎えに来てくれた『千倉館』の方の案内でお宿へ。和風のすてきな建物&お部屋、窓からは南国風のお庭も見えてのんびりしたムードです。
ここでりかさん、はじめての温泉体験! やさしい感じのお湯だそうで、お肌への刺激も少なそう。「今迄知らなかったなんて…」と、温泉の良さにすっかり浸ってる様子でした。
宿でのお夕食もモチロン房総ならでは。菜の花を添えたアジやキンメのお造り、お花の天麩羅、鯨の竜田揚げ、目の前で焼く海の幸の炭火焼き(一人にひとつずつのアワビと伊勢海老つき!)。豪華ですね〜。
こちらは一泊二食つきで16800円(3/31までのプラン)だそうです。
浴衣姿で語り合うおふたり。やさしい美波里さんに促されてりかさんは男役時代の失敗談なども披露。いい感じの夜が更けてゆきます。夜はお花畑のライトアップもあるそうです(3月末まで)。

2日め。
お宿の送迎車で近くの白間津のお花畑へ。お花の中にいると幸せになれる…とリラックスした表情で、おかみさんとの会話もはずみます。1本100円というスプレーストックはとても華やか。安さにビックリの二人。

お花摘みのあとはまた美味しいものを求めて『安田農園』へメロン狩りに。温室に入ってまずメロンの栽培を見学し、あの網目模様の出来方なんかを教えてもらってびっくり。そしてひとりずつ好きなメロンを選んで収穫。重〜いメロンを格安で!手に入れた上、試食もさせてもらってご機嫌なふたりです。

千倉から内房線で鴨川へ。ここでのお目当ては『川京』の「おらが丼」。店によって工夫をこらす、名物を使ったどんぶりです。これはすごい!どんぶり酢飯の上に15種類もの具材が乗っていてボリューム満点&どの具もおいしそうです。

お昼が済んだらひと休みしに鴨川グランドホテルへ。海を見渡せる温泉に浸かります。ここもやさしいお湯でゆったりできそうです。入浴料1280円。

午後は鴨川シーワールドへ。迫力あるシャチショーを見て、白イルカのベルーガとふれあい体験もします。白イルカの頭は柔らかいらしい…。お喋りしたり挨拶したり、子供のようにはしゃぐお二人がかわいいです。

鴨川から外房線で小湊へ。2日目のお宿は『海の庭』送迎の車で向かいます。すでに車中での話題は温泉〜。
お部屋はいくつもの窓から海が見えて「海に浮かんでるみたい!」そして、夕暮れ時を狙って屋上の貸しきり温泉へ…お湯加減もよく、長く入っていられるお湯のようです。素晴らしい落日を堪能できます。
そしてお食事。豪勢な地魚舟盛りにはじまり(りかさんはマトウダイお気に入りの様子)、寒ブリの兜焼き、伊勢海老のお造り、海鮮鍋、キンメダイの煮付け…。見ているだけでお腹がはちきれそうですね。
一泊二食つきで12800円からだそうです。

3日目
安房小湊から外房線で御宿へ。波打ち際でゆっくり過ごし、お昼を求めて歩いていると「ふぐ」ののぼりが! コースで3500円という看板に引かれて、割烹旅館『かのや』の暖簾をくぐります。黒サバフグの唐揚げ、フグ鍋、雑炊。これは冬ならではですね。
そしてまた海辺を歩き、旅の余韻を味わうおふたりでした。

最初はちょっと緊張ぎみに見えたりかさんでしたが、最後には美波里さんとしっかり腕を組んで甘えている様子がかわいらしかったです^^。
景色もお料理も素敵でしたし、土地の歴史なども丁寧に紹介されていてとても癒される番組でした。ありがとうございました。



2009/08/05 Edit by NEL


月の女神さま TOPへ>