×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


リカファミリー『卒業式』レポート
(万華鏡掲示板より抜粋・編集)

6月6日という 投稿者:アーシュラ@応援団長3日連続星観劇 投稿日:06/06(日) 21:30
本日はりかファミリーの卒業式だったんですけども……その模様って書いていいもんですかね?こちらに…?と、まずお伺いの親記事を立ててみたりする(笑)。

とりあえず、これは書いてもいいだろう、ってことで…りかさんはお元気でした。ちょっと(また)ふっくらしていらしたような…顔が(あうあうあう)。黒いパンツスーツで10センチ以上のたっかいヒールのゴールドのサンダルを履いてらっしゃいまして、ウエストのあたりがきゅっと絞ってある綺麗な形の上着で、後ろから見ると上着の裾が二重になっていてひらひらしているのに、前から見るとなぜか微妙〜に肌色の腹が見えていた……(おかしい、なぜだ…)

------------------------------------

 NEL - 06/06(日) 21:40  
東京の会の解散式だったんですよね…。
自分は行けなくとも、なんだか嬉しいです。
んでりかさんがお元気でいらしたと…御様子も伺えて幸せでございます。(腹色もお元気なようで…ほほほ…)

お伺い……それはやはり私が答えるところ?(<だろう)
イベントがあり、りかさんがいらしたと伺えばさらなるお話を知りたいのが人情でございます(^^;)わたしなんかムラの解散式のときに遠慮もなく御報告しまくった奴ですし;
行かれた方の御判断で、書いても差し支えない事…また広く伝えたいと思うお話がありましたら、ぜひお願いいたします。無理にとは申しません。はい。
------------------------------------

 ミロ - 06/06(日) 22:43  
>後ろから見ると上着の裾が二重になっていてひらひらしているのに、前から見るとなぜか微妙〜に肌色の腹が見えていた……(おかしい、なぜだ…)

それはですねパンツの上にミニスカート状のひらひらが付いていたからです。ベルトはラインストーンで丈は短いクロップドタイプ。インナーは黒のベストを直にお召で、首元は例のY型のゴールドクロスとローリーロドキンシルバークロスの重ね付け。ジャケットの裏地はゴールドの豹柄。あ〜〜さりげないのにコケティッシュで色っぽいぞ。どうやら後日オスカーのHPに今日のお写真がUPされるらしいのでお楽しみに。
------------------------------------

 にこらえもん。 - 06/06(日) 22:46  
展示、FCグッズ販売、フィルム上映…そして卒業式(握手会含む)と、大変充実したイベントでした。

展示されていたお衣装は、LRのウェディング風ジャンプスーツに、キラキラが一杯ついた黒いお衣装(With a Song … の東京公演で追加になったヤツかな?)に、STAYの黒バージョンに、ジャズマニアのベージュの燕尾に、シニョールドンファンの黒燕尾に、薔薇の封印の「ラ〜ララララ〜」の白ヒラヒラ。たぶん、以上の6点だったと思います。予告にはあったのですが、袴の展示は無かったです。STAYのお衣装は、さすがに4回しか着ていないこともあって、ひときわ綺麗でした。

化粧前は、ブラウン、ライトブルー、ホワイトの3種が飾られていました。どれも、薔薇の封印の時のものだと思います。本当に、オートクチュール並に凄い仕事で、作られた方のリカさんに対する愛に頭が下がる思いでした。特に最後の白い化粧前は凄かったです。(禁止されていたので写真は撮れませんでした…行けなかった方にご覧いただけないのは残念です)

台本の展示も、大変に興味深かったです。表紙や裏表紙には必ずと言ってよいほど落書きが。「二人だけが悪」の台本の表紙には、「I LOVE BUN」と書いてありましたよー。これってブンちゃんの事かな? その他にも、自分の役名をもじってリカナルドとかリカラスとかサインが入っていたり(本当はアルファベットで書いてあったんですが)、似顔絵が描いてあったり、リカさんのセリフの所に蛍光ペンでラインが入っていたり。リカさんが引いたラインなのねーと見入ってしまいました。

解散式は、卒業式形式で行われました。式次第は、

一、開式の言葉
一、リカファミリー代表 挨拶
一、来賓 挨拶
一、卒業証書授与
一、卒業生代表の言葉
一、すみれの花咲く頃 斉唱
一、答辞
一、閉式の言葉

でした。
リカさんは来賓であり、卒業証書を手渡したので校長先生でもあり? 答辞も述べられたので卒業生でもあり? 私達が「起立、礼」とか真面目に(?)やっているのを見て、のっけから非常〜に受けておられました。それで、途中で泣きまねとかしていらっしゃいましたけれど、最後は本気でホロっとなさったみたいでした。

「すみれの花咲く頃」斉唱は、私、かなり一生懸命に歌いました。周りの方々も精一杯に歌っていらっしゃいまして(素人なので朗々と、とまではいかないのですが)、リカさんも「おおっ?」と思われた様子でした。ちょっと、エーデルワイスの時のことを思い出しました。リカさんと一緒に歌を歌えて、とても嬉しかったです。
卒業式のあと、リカさんのご希望もあり、握手会となりました。間近で見るリカさんは、一段とにこやか穏やかで、今をとても楽しんでいらっしゃるんだなぁと感じました。
------------------------------------

 yuri - 06/06(日) 23:22  
Rikaさんはご来賓、ということで
卒業式が始まると壇上に現れてええと演壇ていうんでしたっけ?
あれの前に立たれたのに合わせて
卒業生(会員全員)がスタッフの方の「起立!」の掛声で立ち上がると、
Rikaさん例のあの高笑い。
『でてくる前に大笑いしちゃった。起立!とかって、みんな真面目にやってるのぉ?って思って。。。』
『いいオトナ捕まえてねえ、失礼ですよねぇ。。(起立!なんてさせて)』
って。
卒業証書を、会員の代表に授与して下さったのもRikaさんだったのですが
ひとりめのかたに対して読みあげるときに
甲高い裏声で読み始め。。。
『すみません、真面目に読みマース』ってきちんと読んで下さったり。
もう可笑しくってしょうがない、っていう感じでいらっしゃいました。

でも、卒業式が執り行われている間中
あの暖かい目で会場全体をいとおしそうに
ゆっくりと見て下さっていました。
そして最後には「RIKA FAMILY」のスタッフの方々への
暖かいねぎらいと感謝の気持ちを話され、
会場全体に『スタッフの方々へ感謝をこめて大きな拍手を』
と仰ったRikaさん。
Rikaさんの心の暖かさをかいまみて、私も、とても感動致しました。
Rikaさんは本当にいつも周囲の方に対して
感謝と思いやりを忘れない方ですよね。

卒業式が済むと、
当初握手会は予定されていなかったのに
Rikaさんから申し出て下さって、全員と握手をしてくださいました。
ひとりひとりの眼をじいっと観て、
優しく、そしてしっかりと手を握って下さいました。
私は初めてのことでしたので、胸がいっぱいになって。。。
ぼーっとしていたせいか、
昨夜書いて持って行ったお手紙を帰りにスタッフの方に
お預けするつもりだったのに、すっかり忘れて来てしまいました。。。。
明日送らなくっちゃ。。。。

今日はとても印象深い一日になりました。
------------------------------------

 しょう - 06/06(日) 23:42  
りかさんははじめからスペシャルゲストとしていらっしゃるとは聞いていたのですが、まさか握手会があるとは!!とうれしい喜びでした。とってもキラキラしていらして、やはり良い香りが漂っていて、しばらくほわ〜んとなってしまいました。

やはり宝塚にいるときのようにお稽古とかないせいか、はたまた熱視線がないせいか、ちょっとふっくらしてしまっていたのは感じました。でもそろそろ喝采のお稽古が始まるころなのではないかと思うので、また戻って下さるのではないかと(^^;)でも少しふっくらしていらしても、それもかわいいかな、と思ってしまうんですよね(-_-;)

私は結局最後までビデオ上映を見て、そのあとグッズ販売会場に戻ったら残ったグッズを少し安く+おまけ(千社札)付きで売っていたので、ついつい同じものを3つも買ってしまいました。。。使い道ないのに。。。でも記念だし、もう手に入らないし。。。
------------------------------------

 アーシュラ@団長気障りぶりに爆死 - 06/06(日) 23:55  
ちょっとかぶってますが、お許しを〜。

「来賓挨拶。紫吹淳さまよりお言葉を戴きます」のお言葉により、りかさんが壇上にご登場。演台の前に来るや「ははははっ」と高笑い(笑)。ああ〜〜りかさんが笑ってるぅぅ〜。…いや、わたしらもかなり笑いながらのお式ではございました。(なにしろ「第一回りかファミリー卒業式を執り行います」はヒットだわ〜。何回卒業式があるんですかぁ〜?/爆笑)最初式次第など見た時は「はぁぁ??」だったのですが、なんかあくまでも真面目くさってやり倒そうというスタッフのみなさんの捨て身の企画力のおかげで、とても楽しい、そしてほろりと来るお式となりました。

えーと、卒業生代表の言葉として古くからのファンの方からのご挨拶があったのですが、花組時代、星組時代、月組時代、専科時代、トップ時代を振り返ってのお言葉にりかさんも、わたしたちも、ぐぐぐっと来ました。どんなに長いことりかさんと一緒に歩いて来られたことでしょうか…。最初、しんみりしそうになるとりかさんはふざけたり、お笑いになったりと照れ屋さんなところを発揮されていましたが、それがまたとっても微笑ましかったです。

答辞ではりかさんが「本当に長い間宝塚にいたんだなぁという実感が沸いた」と仰り、また「みなさんより一足先に宝塚を卒業してディナーショーもさせていただき、みなさんよりは、卒業したという実感があるんですが、みなさんはまだひとくくりがなかったんでしょうかね?」とお聞きになりまして……わたしは、うん、そうかも…と思ったんで首をぐんっ!と縦に振りましたら、りかさんに「うなづいてる方がいらっしゃる」と言われました…(いや、わたしだけではなかったでしょうが。きっと何人もが首を縦に振られたんでしょうねぇ)。卒業公演の千秋楽も見せていただいて、フェアウェルにも参加して、何言ってるんだよ、自分…とも思ったんですけれども、ある意味では……ひとくくりがなかったのかも…ていうか…よく分かってなかったなと今自分で思っているところなものですから、わたし(苦笑)。
で、りかさんは「こうしてりかファミリー卒業式を経験して、わたし自身もこれで区切りがつくのかな、と思います」と。区切りついてたつもりでも、ついてなかったのかな、と思いました、というようなことも仰ったと思います。(そうね、やはりセレモニーというのは大事かと。<儀式好き)そして、どんなにファンの方々が長い間ついてきてくれたのかと思うと、と仰ってから「もう生活の一部となっていると思いますので、これをここでやめることはできないでしょう。これからも生活の一部として、一緒に歩いてきてください」というようなことを仰っておりました(分かってますって〜もぉ〜/笑)。

そしてスタッフのみなさんへの労いの言葉もありまして、スタッフさんたちも泣いておられましたのが印象深かったです。
最後に、なかったはずの握手会をりかさんご自身が「やろうよ」と言ってくださったということで、ひとりひとりとの握手会がありました。そうなりますと、完璧な握手を求め日々精進するアーシュラ。本日は「今日は両手で握るぞ!」と決意しましてその場に臨みました。……が……両手で握ったのかどうか…結局覚えておりませんという……あぁ…(号泣)。でも手に良い香りは残ってましたので、握ったは握ったらしいです(情けないぞ)。

RIKA FAMILYのスタッフの皆様、どうもありがとうございました。

あ、あと、最後に飾ってあったお衣装の前でりかさんは数枚お写真を撮られたのですが、これはオスカーのサイトに掲載されるそうです。今日参加できなかった方々も、このお写真だけは見られますね(にこ)。
------------------------------------

 すー - 06/06(日) 23:57  
とりとめないのですが、わたくしも少し・・・打ってる間に被ったらすみませんっ
入り口入ってすぐのところでガレージセールも行われました。
リカさんのお使いになった日用品やら写真撮影に使われた小物やら、それはそれは沢山の物があって、見ているだけでも楽しかったです〜。今年の年賀状に使われたおさるさんの被りものもありまして・・・欲しかったっ・・・しかし順番を待つ間に他の方が購入されました〜。見る見るうちに品物は少なくなり、でも私もちょこっとだけゲットいたしました(嬉)

卒業式に来賓として登場されたリカさんを見た瞬間「わ〜女優さんだ〜」というのが私の第一印象でした。ああいう素のお化粧のお姿を拝見するのは朗読会のトークショー以来だったのですが、あの時とは全然雰囲気が違っていらして、確実に女優さんに進化しつつあるのだな〜と実感いたしました。こんな風に感じたのは私だけでしょうか〜?
マニキュアもペディキュアも黒で、頭の先からつま先まで美人さんでした〜>^_^<〜
あっおなかも・・・おへそも・・・拝見してしまいましたっわたくしっ

会員代表の方の「卒業生代表の言葉」は、長くリカさんを見守っていらしたファンの方ならではの心のこもったもので、リカさんもその時代時代に思いを馳せていらっしゃったようでした。私も、感動いたしました。

リカさんは「私が苦しい時は一緒に苦しんでくれ、私が楽しい時は私以上に楽しんでくれ、一緒に歩いてくださったからこそ、今こうして・・・皆様によって生かされているということをつくづく感じています。そして、皆様は、生活の一部としてこれからも紫吹淳を見守り続けてください」というようなことを仰っていました。
リカさん、しきりに『生活の一部』という言葉を使われまして〜・・・
確かに〜!よくおわかりですぅ〜私の生活の中で、リカさんを見続けるということ、既に生活の一部というかなくてはならないものになっているのでした〜。

リカさんからスタッフさんへの暖かいねぎらいのお言葉を聞くことが出来て、私も一生懸命拍手させていただきました。スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。素敵な卒業式をありがとうございました。
------------------------------------

 ぎり - 06/07(月) 02:37  
私も少々・・・
校歌斉唱?の「すみれの花咲くころ」を全員で歌いだした時、「本当に歌うの??」と、驚きのりかさんのリアクション可愛かった・・・
少しの間、聞いていたりかさんでしたが、皆と一緒に合唱?に参加されていました。一緒に歌えて嬉しかったです。

クラス分けまでされていました。最初は受付で、くじ?みたいな棒を「引いてください」と言われ、分けが分からず???でしたが、卒業式がはじまり「なるほど!」でした。
「大海賊組」「ガイズ&ドールズ組」「長い春の果てに組」「シニョール・ドンファン組」「薔薇の封印組」・・(組、いい響きだな〜)

卒業証書まできちんと用意されていました。(イヤ〜!この歳になってまさか卒業証書もらうとは・・・・)
ステキな卒業式でした。スタッフの皆様、楽しい一日を・・・
ありがとうございました。

おなかは・・・拝見できたのですが、おへそは・・拝見しそこなった・・・

------------------------------------

 MILK - 06/07(月) 12:03  
始めまして、いつも読ませていただくばかりですが、思わず昨日の嬉しさに出てきてしまいました。

皆様が詳細なご報告をしてくださっているので、ほんの少し・・・

りかさんをお見送りした後、販売の方で見ておりましたら、ガレージセールのところにりかさんご登場!
後から持ってこられたストールとか洋服とかの説明をされていました。
「そ、そ、そんな〜〜。もっと早くに出してください!」と心の叫びが・・・・
りかさんはみなさまに手を振って、にこやかに退場されました。

あんなに間近で拝見できただけでなく、握手まで・・・・
帰りの飛行機の中でも夢見心地でした。もちろん今も!

ファミリーのスタッフのみなさま、素敵な思い出をありがとうございました!
------------------------------------

 薔薇の瞳 - 06/08(火) 06:04  
久しぶりでお会いするりかさんは、何て可愛かったのでせう。
足が長くて細〜い!お〜ぉって感じ!いっぺんに目が覚める美しい細さヨ。
そばを通られたので、自分と比べましたら、向こうの腿(もも)が私の腕と一緒でした。あぎゃ〜。ズデ〜ン。
------------------------------------


↑会場で販売されていた『紫吹まんじゅう』のお写真。(提供:にこらえもん。様)
------------------------------------------------------------------------

 NEL - 06/07(月) 07:28  
皆様、たくさんの詳細であたたかい御報告をありがとうございました。
りかさんのお洋服…長いファンの方からの送辞を聞くりかさん…展示の数々、目に浮かんでまいります。
わたしは東京から関西に引っ越したときに東の会は辞めさせていただき、ムラだけの会員になっていたので今回はお呼びがなかったのですが、皆様の御報告を読ませて頂いて、ファンになりたての頃から1000days劇場そして新東京宝塚劇場に通わせて頂いた日々をしみじみと思い出し。自分も「卒業」したんだなぁ、と思うことができました。
ええやはり、くくりは大切ですよね。

RIKA FAMILYの皆様、ご卒業おめでとうございます。

そしてこれからまた、あらためてそれぞれの立場で…住んでる地域や環境はいろいろ違えど、「りかさんが生活の一部になっている人」ということで(笑)楽しく応援していけたらいいなと思います。