×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

朗読会
『窯変 源氏物語〜夕顔の巻〜』

2006年8月4日〜9日 HAKUJU HALL

***REPORT(万華鏡掲示板より転載)***

★ 源氏物語 / K- 2006/08/05(Sat) 10:12:04
祝!源氏物語、初日おめでとうございます(*^_^*)もう昨日になってしまいましたが…
観てきました!
たまにつまってしまったりしたけどスゴク素敵でした!お話の内容は難しく、語ることの出来ない私(T^T)リカさん、皆様ゴメンナサイ。なんとゆうか…光源氏=プレイボーイってゆう事しかしらなかったですし、予習もしなかったんです。
語る資格ないなぁ自分。とゆう感じです。ただリカさんの表現力は凄いと改めて実感。表現力の手法は無限なんだなぁリカさんって凄く思いました。
チラシやパンフレットを拝見し衣裳の想像色々していましたが、パンフレットの演出家さんのコメント見て『?!』って思ってたら開演!キャー(*^_^*)ステキとゆう感じでした。ネタバレ?になってしまったらと思い合えて書きません(^_^!)知りたい方ゴメンナサイ。
休憩挟み2時間50分ぐらいでした!
出待ち…
待ち始めて…30分ちょっとぐらいでティファニーの香が風のって来たって思ったらりかさんがいるんです(笑)さっきまでビシッと紫吹源氏を格好よくキメてた人がこんなに可愛く登場☆
やはり顔小さいです!!ディオールの丸い大きいサングラスにスッピンのつやつやしたキレイな白い肌!足元スレスレまでの黒いロングワンピースに黒のショートケープ、お腹の辺りは薄いメッシュ素材でおへそや肌が透けて見えるとゆう(あまりにも近くて見すぎてしまいましたオヤジでスミマセン)…そしてなんとローヒールといいますかヒールがない黒のバレエシューズ!ヒールがないから等身大のリカさんを感じることが出来ました!
そして全員お手紙を渡しおわり車へ向かったりかさんは西日に吸い込まれそうで、また西日が眩しいくもりかさんを包み更に輝かせてくれてました(*^_^*)振り向きながら手を振ってくださり、背中は黒のショートケープの下から黒い長いリボンが2本出ていて歩く風でなびきとてもステキでした!
あっ!そういえば名取裕子さんが来てました。名取さんの目には紫吹源氏がどう映ったのでしょうかね!色んな方に観て頂けたら嬉しいです!
そして本日8月5日…思い出す…退団記者会見が行われた日。あれから3年。もっとたってる気がしてしまいますが、それだけ充実しているのでしょうか、これからのご活躍も楽しみにしています!源氏物語も暑さに負けず残りの公演頑張ってほしいです!
-------------------------------
☆ Re: 源氏物語 / NEL- 2006/08/05(Sat) 23:27:00
K様、会場の空気を伝えてくださりありがとうございます!
> 『?!』って思ってたら開演!キャー(*^_^*)ステキとゆう感じ
ふうむ…?あのチラシの写真とは違うような演出がなにかあったのでしょうか。想像できませんが… 
出待ちのご報告もありがとうございます。
りかさんお元気そうで、あいかわらずお美しいご様子で何よりです。
東京もさぞ暑い事と思われますが、りかさん&会場に足を運ばれる皆様、くれぐれもお身体にはお気をつけて。皆様のご健康と舞台の成功をお祈りしております。
-------------------------------
☆ Re: 源氏物語 / 華・J・万- 2006/08/05(Sat) 23:36:34
Kさま、初日ご報告ありがたく読ませていただきました。
>キャー(*^_^*)ステキとゆう感じ
気になりますね〜。
千秋楽後のご報告お待ちしております。
-------------------------------
☆ Re: 源氏物語 / floria- 2006/08/06(Sun) 22:53:48
行ってまいりました。うーーーん、ねたばれ・・・なので多くは書けない・・・。
とにかく日本語の美しさを追求して書かれた作品なので、本当におけいこ大変だったと思いますがプロフェッショナルですね、素敵に消化されていました。ダンスも少しですがいいところに挿入されていて、演出家に感謝感謝です。やっぱり、りかさんの魅力は体の動きと目ですね。生かされてました。夕顔と戯れる場面はそこに相手役がいないのにもかかわらず、どきどきしました。夏にふさわしく物の怪がとりつく一瞬の動き、六条の御息所が恨み言を言うときの仕草などなど 素晴しかったです。登場人物たちの会話をどう処理されるかと楽しみでしたが それぞれ個性的に演じ分けていておもしろかったですね。またまた面白いものが観られました。
演じ終えて、素に戻ったりかさん、手に持っていた本を私達に見せながら、「死ぬかと思いましたっ」っておっしゃって、会場の拍手がまた大きくなりました。
光源氏の地位や若さゆえの挫折が りかさんを通じて初めて理解できたような気がします。共感はできないけれどわかる、という感じです。とりとめない報告ですみません。ちょっと、ねたばれしちゃった感がありますが気付かれた方、ごめんなさい!
-------------------------------
☆ Re: 源氏物語 / K- 2006/08/07(Mon) 10:05:52
NEL様、華・J・万様私の拙い文にお答えありがとうございます!またfloria様ありがとうございます!
私はもう観にいけないのが残念ですが、リカさんの流す涙や鼻水すべてが光源氏そのものと痛感いたしました…本日は休演日でありますが、千秋楽まで熱い熱い光源氏を頑張っていただきたいですね!
-------------------------------
☆ Re: 源氏物語 / NEL - 2006/08/07(Mon) 20:18:27
floria様、ご報告をありがとうございます!
>ダンスも少しですがいいところに挿入されていて
「舞」ではなく「ダンス」があったんですか。
そして夕顔との戯れとか…独り芝居のような感じ?
ううむ、想像してみるに……
日本文学の香りが漂いつつも斬新な演出のようですね。うーんうーん(舞台を想像しようとしてます;が限界が)
K様
>リカさんの流す涙や鼻水すべて
いろいろ流されたのですね…。
夕顔の悲しい最期を偲んでか、光る君自身の定めの悲しさゆえなのか…(どちらでもなかったらすみません;)
-------------------------------
★ 光源氏 / tama- 2006/08/06(Sun) 22:38:55
本当に、りかさんの表現力は無限ですね。5日の公演みてきました。「昨日よりすごいんじゃないの」と言っていた方がいらっしゃいましたが、こんなのありって感じ。りかさんをみたらよいのか、映し出されている方のりかさんをみたらいいのか・・・。
朗読っていうことなので、じっとされているのかと思ったら、いえいえ・・朗読の折々にはっとするような流し目?!会場を見つめる・・・もうだめです。
りかさん後半では本当に泣いていらっしゃいましたね。
本当に迫力があり、六条さんが見つめたいるような気がしたり、夕顔があどけなくふざけていたり、いろいろな情景が見えました。無理して行ってよかったです。
-------------------------------
☆ Re: 光源氏 / わさき - 2006/08/07(Mon) 17:11:00
いや〜・・・本当にどう報告してよいのかわからないくらいに胸がいっぱいです。
どう報告してよいのか・・・というのは、毎回悩むのですが、今回は、ネタバレをどこまでしていいのか。
特に、初日に見たリカファンのほとんどが
リカさんが現れたとたんに、「ええぇぇ・・!」となり
「うわぁー・・」となって、これから見る予定の友達には、これは内緒にしておこうと思った人、多かったのではと想像します。
自分と同じような思いを味わってほしい・・そんな気分になった人が多いのではないでしょうか。
初日の感想を書いてくださったK様、いかがですか?
演出家さんの意図によるものだったようですが
(プログラムに書いてある。)
すごいですねーー。それに見事にはまったリカさんもすごいです。
floria様が書いてくださった、本を見せながらのリカさんの発言。
そりゃ、あせっただろうなというハプニング?でしたよね。物語も後半頃から、持っていた本のページがパラバラになってしまってたんですから。
押さえながら読んでいたようですが、あれが舞台の上に落ちてしまったらと想像すると、ひやっとします。
稽古場からずっと使っていたのでしょうね。
何度もページをめくり、稽古していたんだろうなー。
1幕、2幕共に、65分間ずつ。ずっと一人で朗読をし
源氏だけではなく出てくる登場人物を声色を変えながら
演じきる。かなりの気力、体力、集中力が必要だったでしょうね。動きもあったのですから。
これってネタばれになるのかな?という事を気にせず書いてよいのなら、こういう舞台でしたよと書く事がもっとあります。やはり胸いっぱいで思うように書けないかもしれませんけどね。
梅雨あけしたとたんに暑い日々が続いていますが
あと2回の公演。無事に千秋楽を迎えてほしいです。
-------------------------------
☆ Re: 光源氏 / NEL- 2006/08/07(Mon) 20:50:22
tama様、そしてわさき様、ありがとうございます!
ええと所謂「ねたばれ」についてですが…
この掲示板ではネタバレ規制のようなものは一切ございません。
今までも私(管理人)としては、ドンドン書いてほしいし自分も書くという姿勢できたつもりでして、どちらかというと、なんでも詳しく書いて下さった方がありがたいです。
もちろん、書き込んで下さる方が「これは言いたくないなー」と思う事は黙っていて下さって結構なのですけど、読む側は内緒にされると却って心配になったり、見当違いの妄想をしたりする可能性もありますし…^^;<自分とか
自分の目で観てビックリしたいという人は「それまでご報告は読まない」とか「がんばって初日から行く」というふうに調整しておられると思いますし。
なにより、公演中こそみんなで盛り上がりたい!じゃないですか。
ですので、差し支えのない範囲で演出のこととか、その日ごとのエピソードなども教えていただいたほうが、掲示板管理人としては嬉しいです。
(それは今回だけでなく、例えばNELが観劇の予定がある公演であっても「NELさんが観るまで待つ」とかじゃなく開幕以降は遠慮なく書きたいことを書いていただきたいのです。)

>りかさんをみたらよいのか、映し出されている方のりかさんをみたらいいのか・・・。
…映像ですか?語りのバックに、お着物姿(源氏の姿)で牛車に乗ってるりかさんが映るとか…? <われながら凄い妄想
>持っていた本のページがパラバラに
そうだったんですか。floria様のご報告を読んで「死ぬほどハードな舞台だったのかしら」と心配しておりました^^;ご説明ありがとうございます。
にしても時間的な事だけを考えても大変な、エネルギーを要する舞台だったのだなと想像いたします。そして観客の皆さんの目と心を捉え続ける魅力…さすがですね。
千秋楽まで、素敵な舞台が続きますようにお祈りしております。
-------------------------------
☆ Re: 光源氏 / floria- 2006/08/07(Mon) 21:14:53
NEL様、ごめんなさーい!
書きますね!りかさん、光源氏を黒燕尾でされたんです。ダンスとアイコンでわかってしまったかなあと思いましたが。
それから、私、誤解していました。りかさんが死にそうと仰ったのは あれだけのものを演じて大変だったのかと・・。ばらばらになったからなんですね。そうですよね。私はただ、あありかさんって凄いと感動していたのでそこまで気が回りませんでした。まだまだだな、私。失礼しました。
りかさんが燕尾のすそを払うのがたまらなく格好よかったです。演出の力って凄いものですね。
-------------------------------
☆ Re: 光源氏 / K- 2006/08/07(Mon) 22:24:54
わさき様
そうです!初日にリカさん登場した時はビックリしました!開演時間ギリギリにパンフレット読んだものですからただただ頭の中は『え?』って感じで登場され驚きました(笑)たしかにこれから観る方には同じような感じをうけていただきたいと思いました!!が、観れたい方にしたら早く知りたいかな?とか悩んだんです(^^;;
NEL様
ネタバレ…今回迷いました!私自身は初日観れないときは初見の日まではご報告や感想を見ないようにしてるんです。ほんとは凄く聞きたいのですが、先入観もちたくなくて(笑)でも、観れない方は妄想ばかりでは苦しいですよね。floria様が書かれてるように黒燕尾でございました!演出家さんによると源氏物語を現代語で読むから服装はコンテンポラリーな衣裳でカジュアルではく燕尾服でやったらと提案し、リカさんは燕尾服を着慣れてるからだそうで、舞台にチラシのお衣裳の写真(写真とゆうか電気でつくような…説明下手でゴメンなさい)を飾り朗読するってゆうふうな構成を考えたそうですよ。黒燕尾で読んでいてもバックのお写真と重なり、源氏物語の世界に入り込まれる感じでした。が、あまり理解できてない自分…ゴメンなさいm(__)m
-------------------------------
☆ Re: 光源氏 / 華・J・万- 2006/08/07(Mon) 23:56:12
皆様の続報読ませていただきました。
黒燕尾ですとぉ〜?
私、開演前の書き込みで『意外とダンディな光源氏だったりして』とかなんとかって書いたような気がしましたが、半分予想が当たってしまったという気持でびっくりです。ややや、やってくれますな〜演出家さん。
ファンの方々のツボをわかっていらっしゃる。
演出家ってすごいですね。
ただの光源氏をやらせず、「紫吹 淳」の光源氏を魅せてくださるもの。
いいなぁ〜、観たかったな〜。
でも、こうして観に行かれた方々のご報告は大変嬉しいです。
千秋楽までの間、さらなる続報を心待ちにしております。
-------------------------------
☆ Re: 光源氏 / わさき- 2006/08/08(Tue) 17:38:28
K様、お返事(と言っていいのかな)ありがとうございます。本当に驚きますよね。まさか、本当にあのちらしの衣装で読むのかなーー・・それは無いような気もするし・・でも・・・なんて考えてたら黒燕尾服。
floria様、私が気づいたのはリカさんの指って細くて長くてきれいで形がいいなーーと、ついオペラで追ってしまったからなんですよ。
あ、あら?と思ったら、背表紙からきれいに取れたふうにページがバラバラになってるのが見えたんです。
そしてNEL様。
すいません、あと公演も2回だけだし、そろそろネタばれ気にしないで報告書いていいのかなと悩んだのですが結局は、あのように書いてしまいました。
でもすぐ書いていかないと記憶があやふやになったりして自信がなくなって書けずじまい・・なんてなりますよね。2回しか、見れなかったのですが、さっそく気にせずに少し書いてみたいと思います。
黒燕尾服では胸元が開いていました。ジャズマニアのソロダンスでの開きかげんと似てるかな。
途中で上着を脱ぐ。後半でその上着をまた着る。その動作だけでも決まってるんですよねー。
個人的には上着を着た時に袖口を直している姿に惚れ直しました。(後ろ姿なんですが)
始まる前、客席で思ったことは舞台が狭いかな?という事でした。なんか、ところ狭しとセットが置いてある。そんな印象を受けました。
ソファーとか机、椅子が置いてありましたが、その上には黒い布がかけられています。
リカさんが登場し朗読が進むにつれて、その布を取り、セットが現れる。この取り方がまたかっこいいんです。
途中で喉を潤すための水分補給。これが、ワインボトル?に入っていてグラスに自分でついで飲んだり、場面によってはボトルから直に飲んだりしてました。
夕顔とのやりとりは赤いクッションで現していたんです。抱きついたり、亡くなってしまった夕顔を悲しんだり、
(リカさんが自分の頬に手をふれて悲しむ様子は、まさにそこに夕顔が横たわっていて夕顔の手を自分の頬に当てている。そんな様子が目の前に浮かんできました。)
私はこれからしばらくの間、クッションを見たら、あ、夕顔・・・とつぶやいてしまうのではないかと思ってしまいます。それくらいに、印象深いシーンでした。
クッションに限らず、セットとして置かれていたものは場面ごとに、うまく使われていました。
舞台上手奥のほうには、薄く透けるような感じの幕(カーテン?)がかかっていましたが、この幕の向こう側に座る六条御息所(これも言うまでもなくリカさんです)が、本当に枕元に亡霊のように現れた感じで、恨みを述べるセリフの声と口調に、リカさんってすごい・・と思ってしまいました。この六条御息所が手を上に伸ばしてすーーーっと振り下ろす様子は、まさに夕顔にとりついたという情景が浮かんできました。
思い出すままに、書いてみましたが、もう見れないというのが悲しいです。明日はもう千秋楽。回を追うごとによくなっていくリカさん。出の時は、本当にさっきまで舞台の上で演じていた人と同じなのかなーと思ってしまいますが、改めてファンとしてこれからの期待度が増してきましたし、赤と黒も源氏も男性が主人公なので、今度はいつか、女性としての役の経験も、もっと積んでもらって女性が主役のものも(何かあるでしょうか)見てみたいなーと思いました。
長くなってすみません。
思い出すまま、書いてみましたが、それは違うのでは?なとどいうような点とかあったら指摘してください。(ごらんになったみなさま)
-------------------------------
☆ Re: 光源氏 / あけん- 2006/08/08(Tue) 18:47:58
NEL様お元気ですか?
♪暑中お見舞い申し上げます〜
K様、floria様、tama様、わさき様
ご報告、本当に本当にありがとうございます(感謝!感激!)
私もいろいろ妄想の世界に入るのですが、、、
???状態で限度がありまして(笑)
皆様のご報告で、よりリアルにりかちゃんのお姿を
うかべております。
-------------------------------
☆ Re: 光源氏 / NEL- 2006/08/09(Wed) 00:09:27
floria様、K様、早速ありがとうございます!
黒燕尾…なるほど納得〜でございました。
私も、チラシの写真を見て「この衣装で夕顔や六条はどう表現するのだろう?」とか「綺麗ではあるけど、宝塚とどう違うのだろう?」とかぐるぐる考えていて。結果(日記にも書きましたように)観ないほうがいいかなと判断してしまったわけですが…
どうやら良い意味で予想外の展開だったようですね。
確かに、黒燕尾は無彩色。
紫吹淳さん自身の持つ変身能力(演技力というべきなのかもしれませんが…りかさんのアレはなにかマジカルな能力という感じがします)が最も良く引き出されるのがあの服装なのかもしれませんね。
また光源氏=貴公子という見方をすれば、黒燕尾こそ正解とも取れますし。しかも着崩したり脱いだり羽織ったりされていたとは、りかさんらしいですねえ。さぞ素敵でしたことでしょう(遠い目)。
わさき様も、詳しい様子を教えて頂き本当にありがとうございます。かーなーり脳裏に浮かんでまいりました!
セットはほとんど無しの舞台を想像していたのですが、赤いクッション…なんだか生々しい色彩ですね。
あと私、六条の生霊のところはどういう演出だったのだろう?というのがとても気になっておりましたので、教えて頂いてありがたいです。なるほど紗幕のむこうで…りかさんご自身が演じられたわけですね。うーん、そこは観たかった!(←妖怪好きですみません)(←正確には「妖怪じみた紫吹さんが好き」です)
「赤と黒」の時は「只の朗読だと思って行ったら劇だった」という驚きがありましたが、今回はまた別の意味で面白い舞台だったようで…
またの機会があれば外さずに足を運びたいと思います。
>あけん様
ようこそいらっしゃいませ。アンドお見舞いありがとうございます。
はやくも立秋。
まだまだ猛暑が続きますが、あけん様も皆様もお身体にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください。
-------------------------------
☆ Re: 光源氏 / くり- 2006/08/09(Wed) 01:16:57
皆様のご報告に便乗させていただき、ちょこっとだけ書かせていただくことをお許し下さい。
始めは燕尾服の男性が自分の部屋で普通に本を読み出したように始まった朗読。紫吹さんの朗読ですから、そこから役に入りしなやかに動きながら進んで行くのは皆様のご報告通りで、思わず客席でニヤリとしてしまう展開でした。しかし、源氏の一人称語りから徐々に登場人物が増え、その台詞を一行ごとに声音を変えて演じ分けていくあたりから何やらただならぬ予感が。(ミーハー的には光の君と惟光の会話が最高でしたが。)
自惚れ、傲慢、冷酷、茶目っ気、愛おしさ、歓喜、無頓着、怯え、恐怖、狼狽、悲嘆、後悔、諦め、虚無、忘却。
光源氏の心の闇は暗く深く、観ている(感じている)私の心まで冷たく凍るようでした。哀しい人・・・だからこその美しさなのかもと思えました。
紫吹さんは燕尾服であくまでスタイリッシュに演じることによって、光輝く姿と相反する源氏の心の奥を容赦無く晒し出して・・・。「むごいなぁ、紫吹さん」と源氏に同情したり。
やはり「紫吹淳、恐るべし。」でありました。
-------------------------------
☆ Re: 光源氏 / NEL- 2006/08/09(Wed) 21:41:05
くり様もありがとうございます!
>光の君と惟光の会話が最高
ああそれ聞きたかったかも…。ちょっと笑える場面ですよね?
>光源氏の心の闇
ううむ…
原作を読んだ限りでは(私の勝手な感想ですが)光源氏という人は、その美貌と高貴な生い立ちでもって女性を不幸にするばかりの…無節操で身勝手な男に思えてしまって(私は)好きになれないんですよね;;彼自身の苦悩より、彼と関わったことで苦しむ羽目になった女性達が可哀想だと思ってしまうんです。
しかし、frolia様の
>光源氏の地位や若さゆえの挫折が りかさんを通じて初めて理解できたような気がします。共感はできないけれどわかる、という感じです。
というご感想や、くり様のご報告を読ませていただくと、紫吹淳さんの演じる源氏…やっぱり観ておくべきだったのかなあという気がします。←もう遅い
カッコよくキレイなだけでない、人間のどうしようもない未熟さや醜さ、生きることの苦しさ。又それらを抱えているからこその輝き。
紫吹さんにはそういうものも、追求し続けていってほしいと思います。
-------------------------------
☆ Re: 光源氏 / くり- 2006/08/10(Thu) 01:25:02
>NEL様
お久しぶりです。
私も光源氏は大嫌いなんですよ。
でも橋本源氏がそうなのか、紫吹さんの演技がそうなのかわかりませんが、あの舞台の源氏は美しく冷酷で愚かで哀しい人でしたね。そういう人なんだって思うことができたから、初めて光源氏に人間を感じた気がします。
あえて格好良く綺麗な姿で演じることによって、人間の心の奥深くを炙り出して行く舞台であったように思いますね。


今回は管理人こと私、紫吹ファン歴7年半にして初めて観劇を止めてしまった舞台でございましたが、皆様のお陰でこのように充実したレポートを保存させていただく事ができました。ご感想ご報告をお寄せくださった皆様には、心から感謝いたしております。
ありがとうございました。

また「ネタばれ」については書き込み下さる皆様を悩ませてしまい申し訳ない事をしました。もっと常日頃から、「ネタばれ禁止はしない、むしろ歓迎」と表明しておくべきだったかと思います。
これからも、紫吹淳さんの歩みとともにこのサイトも成長させていきたいと思っております。どうぞ宜しくお願いいたします。

2006/09/11 Edit by NEL