×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


*トミーズのはらぺこ亭*
関西テレビ 2005年10月1日 ゲスト出演!
番組公式サイト

掲示板でもレポートをさせて頂きましたが、ここでは保存版ということでNELが無謀承知でビデオ起こしに挑戦してみます。
会話全部というわけにはいかず、あちこちカットしたり短縮したりしております;;アンド例によりまして絵もイイカゲンなのです。が番組ご覧になれなかった方にも、雰囲気だけでも楽しんで頂ければと思います。


左から トミーズ健さん、雅さん、りかさん、なるみさん。似ていなくてすみません…

沖縄での収録ということで、海を背にしたテラスのようなところで、サワヤカな風に吹かれるりかさん。本日のファッションは、軽くカールした髪に、よくわからない蝶々のような形のショートブーツ、ヒザ上で切ったジーンズ、で焦茶のタンクトップ…じゃあなくてあれは何というのでしょう、一見水着のような?のが2枚重ね。沖縄にふさわしく生肩生腕生ヒザ〜。

トミーズ雅さん(以下 雅) 「本日のお客さまは、宝塚月組トップスターとして大活躍、引退後は女優として新しいステージに臨む、紫吹淳さんです〜!」
トミーズ健さん(以下 健)
 「どうぞ〜!」
なるみさん(以下 な)
 「いらっしゃいませ〜!!」
りかさん(以下 R)「よろしくお願いします。」 
 「背〜が高い!!」
 「そして白い〜!」
 「白いですな〜!」
 「沖縄は、何回かあるんですか?」
 「いえ、はじめてです。」 
 「はじめて!」
 「どうですかこれは?」
(背後に広がる青い海をみんなで見る。素晴らしい光景です)
 「ねえ。綺麗ですね〜やっぱり。」 
 「(紫吹さんは)海に入ったことがない。海に入った記憶がないゆう」
 「いや記憶はありますけど(笑)」 
 「ダメですよ陽に焼いたら」(と、メニューで陽を遮る)
 「女優なんですから。女優で陽に焼くなんて考えられません」(と両手をかざす)
 「(なるみさんに)お前まっくろけなっとるで」
 「ええねん私女優ちゃうから」
 「なんですか、ねえ」
ここで雅さんに促され、りかさんからお食事のリクエスト。
「名護市においしいステーキ屋さんがあると聞いたので、そのステーキをおなかいっぱい食べたいなと!」との事で、これは後程出てきます。

テーブルに着いて、トークはまず「紫吹さんといえばスタイル」ということで、また立って、全身姿を披露。
 「立ってる姿がね、普通にキマッてる。」
 「これあれですか、男立ち?」
 「や男立ちじゃないですよ(笑)」
男立ちというのはもっとこう…と、両手を腰に当て、ちょっと顎を引いてみせてくださるりかさん。
3人 「わあ〜!」 
 「足てどこまで上がりますのん?真剣にあげたら…」
 「(頭の上あたりに手をやり)このへんまで…」 
3人 「デエ〜〜〜!?
 「ちょっと、あげて下さい!!」
 「やですよ!!
わーわー言いながら結局やる事に…。
 「(ふとももの辺りを気にして)見えないかしら………」
 「何がですか?」
 「中身が(笑)」
 「見えへんでしょ!ズボンやから」
で雅さんの肩に手を置いて右足をひょいと上げてみせて下さいました。幅の広いベルトをしていたため途中で止まった;そうですが、普通に頭の上まで上がってましたね。
 「脚なっが〜。一日でいいからその身体と交代したいわ。」
 「その代り一日だけ紫吹さんコレになるんですよ?」
 「いいじゃないですか(にこにこ)」
3人 「エエ〜〜〜!?
 「(しんみり)みんなそう言うのよ、実際ムリだからってさ〜」

着席し、幼い頃のバレエのレッスンの話へ。
 「僕の近所にもいてるんですけどね、脚真横に開いて前にべちゃ〜(前屈)カエルみたい。あんなん普通ですか?」
 「ですね。」
 「最初からあんなん出来ひんでしょ?無理矢理…」
 「だいたい皆さん生まれた時にはめちゃめちゃ柔らかいんですって」
 「え僕も?」
 「そうですよ。赤ちゃんの時は。だってこのお腹の中にいるんですよ(真面目)」
 「………???(納得できなそう)」
 「(笑)ちょっとヤですね、いま想像したら…」
 「(雅さんを見て)イヤやね、こんなん出てきたら。」

 「トウ・シューズってありますやん?あの気持悪い靴ね」
 「(笑)気持悪いですか!?どうして…」
 「気持悪ぅ〜、シャキッと固うて、こう、こう…(つま先の形を手で表現)」
 「中どうなってますのん?」
 「よく考えたら気持悪いですね(真面目)」
 「あれ木が入ってる?」
 「木ですね。」
 「その先っちょに爪があるわけでしょ?」
 「痛いですね。血まみれになります(ニヤリ)」
3人 「ウエェ〜〜〜!
さらに足の甲を出すための器具など、どんどん痛いハナシに〜〜(カットします)〜〜ツッコミつつ聞きいる3人。りかさんは平然と話してらっしゃいましたが…聞くほうとしても、目の前にりかさん本人がいらっしゃるだけに「この可憐なお人がそんな痛いことを!」と思うと尚更コワイっていうか。
 「(びびりつつ)凄い『甲出し機』。来月から通版で売り出します。」
 「身体を、カタにはめて変えるのか…」
 「よく我慢できましたね?」
 「(バレエが)好きだからでしょうね…」
さらに「レッスンの最後に全員でシャッペ1000回、一人失敗したら最初からやりなおし」の話なども。ひー。
そして、りかさんは子供の頃テレビを見なかったので家族の中で一人だけ目がいい、という話とか。
バレエの発表会で白雪姫をやったとき、王子より背が高くてショックだった…の話も。
 「王子もっとショックやったと思うで。」
 「たぶん王子は、私がこの話をするたびに『俺のことだ』って…思い当たる人が」
 「今なにしてはりますのん?」
 「知りません…(笑)」
 「バレエやめてもう、トウシューズ土の中に埋めたんちゃう?アイスの棒たてて。」
(同じエピソードを聞くのでも、ツッコんで下さる方がいると違うストーリーに〜〜〜/笑)
続いて宝塚音楽学校受験のいきさつ。このへんも私達よく知っているお話ですが、ほとんどトミーズの雅さんがスカスカッと話してくださりました。
 「(面接の時)みんな綺麗なお洋服着てるんですよ。でも…(自分はセーラー服だったので逆に目立つことができた、と言おうとしている)
 「そんな事より何よりね、あなたの美貌ですよ!」
 (笑いつつ雅さんの肩をバシッと叩く)
 「よ〜ろこんだでぇ〜〜今〜〜(笑)」

さて、いよいよ本日のお食事です。
りかさんリクエストの牛ヒレ肉ステーキが、目の前で調理されます。手作業で肉のスジを抜き、とてもやわらかく焼き上がったレアものです。りかさん曰く「飲めちゃいますね。お麩みたい!」おいしそうでした…。雅さんとなるみさんも大満足の様子。
そしてお飲物は、琉球泡盛『千年の響』。まろやかで気品のある飲み口、だそうな。りかさんによれば「すごくさっぱりしてる。飲みやすいですね」
 「でも高いんでしょ?度数が。クイクイいってたら大変なことになっちゃいますね(笑)」

男役のときに舞台でワインだウォッカだスキットルだと色々なお酒をグビグビしていた紫吹淳さんとは別人のよーな(あたりまえですが;)おかわいらしい飲みっぷりです。素のりかさんがお酒を飲むところは初めて拝見しましたが、なかなかイケルクチとお見受けしましたっ。

ここで、りかさんからのお勧めの一品「パインボウル」。
パイナップルの果肉が入ってるというシュークリームでした。これは一日200個の限定品で「ナゴパイナップルパーク」というところで売ってるらしいです。全員でおいしそうに食べていらっしゃいました(いいなああぁ)。

お食事シーンのあと、また少しトークがあり「男役10年、女に戻るのにまた10年」の悩みを語るりかさん。ディナーショーでMCの時ドレスを着ているのに仁王立ちになってしまった事などを話されました。
 「徐々に、女性に戻っていかれると。」
 「2年ごとぐらいにお会いしたいですね。」
 (笑)

この後は「街ぺこハンター」のコーナーで、地元のレポーターさんが街でおいしいものを取材して紹介。
そして最後のコーナーはトミーズ健さんの作る「はらぺこ流サーダーアンダギー」←リンゴが入ってたりして美味しそう。これも屋外で調理されてたんですが(りかさんはエプロンをつけて見てるだけ&試食係)、雨が降って来た?らしく、健さんは「油がはねたらいかん!」と大焦りでした。
試食もおいしそうでした…「サクサクふわふわしてる」と。りかさんは「5シーサー(シーサー人形5個)」で満点を付けてらっしゃいました。

とても和やかで楽しい番組でした。
宝塚時代にはりかさんがものを食べるところなど想像もできなかったわけですが、名古屋でのカレー試食にはじまり先日は「はなまるマーケット」でもフカヒレスープなどをお召し上がり。でNEL個人的に思うんですけど…意外にも、りかさんはグルメ番組に似合う!!のでは。とっても美味しそうだし、食べ方が綺麗じゃないですか〜(やはり元タカラジェンヌだからか、りかさん本人のお育ちの良さか)(←ファンバカ?)
そして意外に沖縄が似合っていたりかさん。これからも色々な番組で新たな魅力を見せて頂きたいと思います。


2005/10/21up Text by NEL.