×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2004/11/08 紫吹淳ファーストコンサートツアー制作発表記者会見

ミニスカお披露目会見につづく、コンサート制作発表記者会見。オスカーさんのご厚意でファンも招待され、当日会場に入られた方も多かったことと思います。アーシュラさんから詳細なレポートを送っていただきましたので、ここに保存させていただきます。


お台場のフジテレビ内で11月8日(月)に行われた、2005年のコンサートツアーの制作発表に行ってまいりました。記憶だけを頼りにしている大変頼りないご報告ですが(オヤジギャグか?/笑)、いちおうその辺お含みおきの上で読んで頂ければ幸いでございますぅ〜。

まず会場はシアターでして115名が座れる小さなホールでした。後にテレビカメラが2台あり、舞台の上にはスツールが真ん中に一個。わたくしは一番後の席のどセンに陣取らせて戴き、公演でもないのにオペラを膝に待機です(笑)。
で、りかさんご登場は拍手でお迎えさせて戴いたんですが……その……いでたちが………微妙…(笑)。
これについては各所でお写真が出ているので詳しいご報告はカットさせて戴きまするが、写真に映っていないところを暴露(笑)しますと、グリーンのスパンのワンピース(?)はウエストの辺りで両サイドにドレープが作ってありまして、これ、オペラでよく見ると、そのドレープはおっきな銀色の安全ピンで留めて作ってあったのでした(……あ、あれは……いいの…ね?見せるアイテムなのね??)。左右とも。んで、その膝上あたりのスカートは、写真で見えたかどうか分かりませんがバルーンなんですよ……もこっと。そしておみ脚は明るめのブラウンのロングブーツ。これは報道でも分かるところと思いますが、つまりおみ脚はまったく見えませんでした(号泣)。せっかくのスタイルの良さが………でろりんウエストだし(失礼な)……安全ピンドレープだし(失礼だぞ)……お腹のあたり……なんか四角くなってて(暴言じゃないのか?)……スタイルいい人なんだかなんなんだか分からないでしたよ…(大暴言認定)。
ファンの集いならともかく、こういうとこではスタイルアピールしなきゃもったいない〜と思ってしまったわたくしを許してください(いえ、決して脚が見たいというオヤジ心で言っているわけでは………。たぶん)。そして、かわいい、綺麗、かっこいい、のこれはどれにあてはまるの???と考えまして、わたしの結論としては「顔はかわいい、ワンピースは綺麗、ブーツはかっこいい」…てことで(セパレーツかいっ!/汗)。
いや、かわいいんですよ、りかさんは。たぶん配られていたコンサートのチラシがハードな感じのクール&ビューティだったため、「そういうんじゃない別バージョンビジュアル」を狙ってのことなのでしょう。これ、後で映像やお写真で見たら、ナマで見た時ほどの不思議ショックはなかったです。う〜ぬ、どうなんでしょうね(慣れただけじゃ?<失礼天井知らず)。

お話の内容ですが、まずは記者の方々がお一人ずつ質問をなさいました。うろ覚えなんですけども、たしか…
「退団して数ヶ月。ドラマ、そしてすぐにコンサートと、とても順調のようですが、偶然そうなったのですか、予定通りですか?」というような質問には、「予定通り、といえば格好がいいのですが、自然とそうなり、自分はとても恵まれているな、と思います」
「コンサートに臨む意気込みを」というような質問には、「サ・ヴァ、というのはご機嫌いかがですか?と言う意味のフランス語で、コンサートとしては久しぶりにみなさんにお目にかかるので、『サ・ヴァ?』という気持ちで…」みたいなかんじだったかなぁ。この、「サ・ヴァ」のアクセントの置き方については報道もされてますが、りかさんから一言ありまして、「鯖」じゃないですよ、と仰りつつ、サが上がってる言い方(語尾が下がる)をなさったのですが………わたし…どっちかっていうと鯖でいいんじゃないのかと…疑問文なわけですし…語尾は上がるような…(ぐるぐる)。
それから、このコンサートのために「あることに挑戦している」とのことでして、そのために今かなり頑張っておられるらしいです。「ちょっと……チャレンジャーかな……と。ちょっとやりすぎちゃった?アタシ?みたいな感じもあるんです」……って……怖い、怖いよーー(笑)。何やってらっしゃるんでしょう?あのりかさんご本人が既に「やりすぎ?」と仰るくらいのチャレンジって…………(怯)。これは始まるまで内緒なので、見に来て、自分の目で見て「これだったのかぁ!」と驚いてください、とのことでした。これについてはわたしの周りでは既に
1、 手品説
2、 宙づり/フライング説
3、 フランス語でシャンソン説
4、 ステージを二つに区切ってラインを踏み越えるごとに男女演じ分け説
等があがっております。
「コンサートでは女性なのか男性なのか」みたいな質問もあったと思いますが、確か両方と仰っていたと…ちょっと定かではありませんが…お洋服の話だったのかな?
色々な面を見て欲しい。万華鏡のような自分を見せたい、と仰っておりました。とにかく1つのイメージにはかたまらない、不思議な自分でいたい、そういう自分を見せたい、という感じだったかと思います。

で、その後にファンの中からの質問を受ける時間がありまして、トップバッターの方がコンサートのお衣裳のことをお聞きになったと…(うろ覚え)。「ミニスカートがはきたい、という希望の他に水着を、というお話がありましたけれど…」とかいう話になったと思います。「わたしは海パンで、って言ったんですけどね」「見たいですか?水着」というお言葉にその方が「見たいです!」「素敵だと思います!」と力説され、りかさんは「見たいっていう意見があるとは思いませんでした。ははははー」とお笑いになってました。客席後方では「チャレンジが『コンサートで海パン』だったらどうしよう?」と頭ぐるぐるになるわたし(いや、50%以上は大歓迎ですけど)。
「ひとりだけのコンサートなのか、ゲストはあるのか、宝塚生徒の応援はあるのか?」というご質問には、「ダンサーの方はいらっしゃいますが、すべて外部」とのこと。「OGが入っている可能性はあるけれど、まだ何も決まっていない」そうです。
「歌は何を、どういうふうに選ぶのか」という質問には「歌は自分で選びます」とのことでした。「残念ながら自分の持ち歌というものがないので、すべては人の歌になりますが、自分がいいな、と思う歌を」ということで、あと、「今までは男性の気持ちを歌う歌が多かったと思うけれど、今度のコンサートではどうですか?」というのには「男の歌も女の歌も歌う」とのお答えだったと思います。
あともうひとつ質問があったように思いますが…思い出せません。すいません。
司会の方が「ファンのみなさんは質問がお上手ですねぇ」と仰ってました。確かに(笑)。

で、一度りかさんは袖にお入りになりまして「囲み会見」とかいうものを行うために、インタビュアーの方、カメラマンの方はみなさん舞台前にご集合。わたしの後のカメラ2台も前に移動。わたしとお友達の隣に座っていらした男性は席を立ってしまったので、「あら?なんかメモとってたみたいなのに、もういいの?」と思ったら、囲み会見のインタビュアーさんでした(笑)。

「囲み会見」とやらは、カメラでりかさんを囲むこと、かなぁ…みたいな感じでしたが、とにかくインタビュアーさんが一人で質問する形式です。なぜかここはマイクが入っていないので、あまりよく聞こえませんでした。でも、「どんな女性になりたいか」みたいな質問の時にだったかな、「これをオスカーの社長に言ったら、『まあ、言うだけはただだから』って言われたんですけど」と仰りつつ「アジアの妖精」をめざす、とのことでした。なんで妖精かというと、性別も年齢もない存在だから、と仰ってたと思います。これは、わたくし大変結構なことだと思います!アジアの妖精、うん、いいですよ。是非その線で行ってください、りかさん。そしてその流れで、「女優宣言をしたけれど、今新たに何か宣言するならば?」と聞かれ、照れ笑いしながら「ぢゃ…アジアの妖精宣言?(小声)」と言う感じ。決して「アジアの妖精になる!」と大声で宣言されたわけでないところが、りかさんらしいっていうか、なんていうか(恥ずかしがるけど言うのねぇ…とか/笑)。

あと、女として今こうして立っているだけでも緊張している。緊張していないと女としてまだ立てない。というお話もありました。インタビュアーさんに「そんな…リラックスしてください」と言われて、脚を一瞬ガっ!と開いてみせたところもあり、トキメク客席(嘘です)。スカートで歩くと歩幅が制限されて、今はスカートで階段を歩くのが大変、とか。なんか、全体的には「女の子」を楽しんでらっしゃるようにお見受けしております〜。

だいたい、こんな感じだったかな。
ああ、話が前後してしまいますが、今度のコンサートのコンセプトは「クール&ビューティー。そしてサ・ヴァ?」だそうです。

てなことで、たぶん色々忘れてたり違ってたりすると思いますが、お許しください。



アーシュラ様、ありがとうございました。
なおこのレポートにつきましては、FCスタッフさんにもご相談のうえ
載せても大丈夫であろうという事で、アップさせていただいております。
(いちおうとても悩んだらしい…^^;)
2004/11/17 Edit by NEL