×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2005年お誕生日の旅 by NEL

11月19日…それは我らが紫吹淳さんのお誕生日であり、りかファンにとっては一年で最も大事な日と言っても過言ではありません。今年はその日に「東京に行きさえすれば生りか様に会える」とあって、行って参りました〜京都からバスに乗って〜以下はその一日の記録でございます。

朝7時、夜行バスは定刻どおり東京駅八重洲口に到着。
爆睡していたNELは気分よく目覚め、携帯から掲示板に書き込んだ後、某おともだちのお宅に向かう。途中、築地市場で朝食用におでんを買い込む(なんて便利なんだ、東京…)。おともだち宅には以前うちから里子に出した猫たちがいるので、久しぶりにその顔を見させてもらうのが目的。おでんを食べ、お喋りをして、10時過ぎにおいとまして品川に向かう。

やってきました品川プリンスホテル。本日はここの「クラブex」というホールで、神戸空港開港記念イベント「ウィング・ネット・パーティ」というものが行われ、そのゲストとして紫吹淳さんが出演されるのであります。
りかさんの出番は午後3時半くらいとの事でしたが、イベント開始の11時ちょっと前に行ってみると、すでに入口前にはお客さまの列が…@@;

入場時に、色々なチラシやパンフレットをいただく。神戸空港[マリンエア]からは沖縄、鹿児島、熊本、新潟、仙台、札幌、そして東京への路線が決定しているそうです。詳しくはこちら。今日のイベントでは航空会社および神戸&各都市のPRが、いろんな視点でおこなわれております。
まずホール内にはステージが2つあり、ひとつは演奏用でひとつがトーク用。フロアに客席はなく、スタンディング形式のテーブルがいくつかあって、ライブハウスかクラブのような雰囲気。ホールの後方にはいろんな展示ブースがあって、各地の名産品の試供品や、旅客機のシート(座り心地を試せる)が置いてあったり、最先端人型ロボットが接客してくれたりしてます。
まえもって誘っておいた弟もやってきて、とりあえずテーブルひとつを確保し、司会さんのオープニングトークや神戸の洋菓子職人さんの対談を聞きながら、さっそく試供品ゲットにいそしむNEL。そりゃあもう神戸の洋菓子といえば日本一。みのがす手はございません。
*いただいたもの=UCCの本格抽出コーヒー。神戸スイーツ(チェリータルト、フィナンシェ、fuquetのマドレーヌとフィナンシェ、焼きイチゴのタルト)。北海道のビーフジャーキー。
続いて神戸出身のシンガーソングライター、植村花菜ちゃんの生ライヴです。エレアコ弾き語りで3曲きかせてくれました。関西のラジオではよく曲がかかってるんで、NELは今日のライヴを密かに楽しみにしてました。可愛かった〜堪能させていただきました。(花菜ちゃん公式サイト)
その後は、航空会社の麗しき客室乗務員の方々が登場、東京-神戸間の航空券が当たるという抽選会。(もちろんNELも弟もハズレ…)

さて、みどころ満載とはいえ午後までここに立っているのは辛いなあ…ということで、NELと弟は一旦会場を出ることに。同じホテル内のレストランフロアで昼食。

午後2時過ぎに会場に戻ると、ホールの雰囲気はすっかり「夜の神戸」になっておりました。暗めの照明に、夜空をイメージさせる青いライト。展示物の内容もチェンジしていました。
そうです〜神戸には本当に、いろいろな魅力があるんですよね。NELも3年間ほど住んでいたことがありますが、ホントに素敵な街です。空港が出来てこれからも美しく発展するといいな。
*いただいたもの=神戸ワイン(赤・白)。沖縄の梅バナナキャンディ(←意外に美味しかった)。北海道の氷結あめ。神戸の日本酒(大吟醸)。ほかにもお茶漬けですとか、仙台の笹蒲鉾も供されていたようです。
はっと見ればホール内の人数は午前中とは比べ物にならない混み様!(汗)トーク用のステージ前はすでに人がぎっしり、まさにオールスタンディングライヴハウス状態。
でもなんとかステージが見える場所に立って、仙台のジャズバンド「スライドハンパモン」さんのライヴを聞かせていただきました。こちらはトロンボーン4人とドラム、ピアノ、ベースという珍しい構成のバンドで、おしゃれなジャズを何曲か演奏してくださり、すっかりいい気分でユラユラ踊るNEL。

そしていよいよ午後3時半、紫吹淳さんのトークショーの時間です。(ステージ前は更に混雑。この時点でNEL弟は後方に退避/笑;)
をや?ライヴ用のステージでは先程の「スライドハンパモン」の皆さんが、何やら準備をしておられる。そしてトーク用のステージには司会さんが登場、「みなさまお待ちかねの…(笑)」という感じで、りかさんが紹介されます。実際、開場直後からずーっと動かず待っていたファンの方も多かったようで、場内は大盛り上がり。りかさんも、久しぶりにファンの顔を間近に見られて嬉しい〜みたいな表情で、にこにことホール内を見渡していらっしゃいます。

ここでなんと、特別に「スライドハンパモン」の皆さんから、紫吹淳さんに1曲プレゼント! ♪パッピーバースデー トゥー ユー♪ を演奏してくださいました。素敵〜。

そしてステージの奥からロウソクに火のついたケーキが運ばれ、りかさんに吹き消して頂くというスペシャル。(一度で消せなくて、悔しがっておられたようですが^^;)

紫吹淳さんが神戸で好きなところは、やっぱり「北野」。異国情緒を感じられるところが素敵、と。
そして「お肉」。宝塚時代は、おいしい神戸肉を頂く為に度々三ノ宮に行かれたそうです。おいしいお店は一杯あって覚えてない、と仰ってました(たしかにそうです。どのお店でも美味しいです)。
羽田-神戸間の路線ができれば、気軽に神戸に行けますね!と嬉しそうにお話なさっていました。

今後のお仕事として『グランドホテル』の話題も。フレムシェンはなんと19才の女の子で、演出のグレン女史には「かわいくかわいくかわいく演ってね!」と言われてるそうです。声も高くして、衣装も脚を出すものが多いそう。りかさん「脚ばっか見ないでくださいね!」と(笑)。

15分ほどで、紫吹淳さんのトークコーナーは終了〜。
その後5時からはサイン入りのポスターや色紙が当たる抽選会があるとの事でしたが、NELと弟は次の予定のため、ホールを後にしたのでした。

********

品川駅から恵比須に移動、向かったのは代官山「GALLERY SPEAK FOR」
蜷川実花さんの写真展「froating yesterday」を見に行きました。
恵比須駅から10分ほど歩いたところで入口発見、コンクリートの階段を下がっていくと、ナントりかさんからのお花が!嬉しがって写真を撮るNEL(いや、撮ったのは弟…)。月船さららさんや、春野寿美礼さんからのお花もありました。

蜷川さんといえば今更いうまでもありません、すばらしい写真家さんです。
NELは表現者としての蜷川さんをとても尊敬しています(とか言うのもおこがましいですが;)。
今回の写真は、あいかわらずのビビットな色彩の中に素晴らしく繊細なドラマが折り込まれ、より進化した蜷川さんの世界を見ることができます。無料で入場できるというのも凄いっ(あいかわらず、あまりにも無欲な蜷川さん…)。皆様、ぜひ足を運ばれてみては如何でしょうか。(実花さん公式サイト)

************

さすがに、足に疲労がたまってきました…。
代官山から渋谷に移動、駅横の喫茶店で休憩後、弟とはバイバイ。NELは赤坂に向かいます。

早くもクリスマスイルミネーションに彩られた赤坂プリンスホテル。(つい隣のオークラに入りそうになった恥ずかしい自分;)
本日は別館のロイヤルホールで、紫吹淳さんのバースデイパーティが行われるのです。

ホテル内の化粧室で夜用の服に着替え(←いちおう気を遣うNEL)。ばたばたして時間ギリギリに会場に行ったため、物販には間に合わず(←大馬鹿者)。

ホール内と横の小部屋では、ディナーショーやコンサートでりかさんがお召しになった衣装や、楽屋の化粧前が展示されていました。(写真撮影可だったので沢山撮りましたが、それをHPに載せて良いかどうかは今お問い合わせ中です。許可が出ましたらお知らせの上掲載しますね!)
席ではドリンクと、パン&生ハムなどの軽いお食事をいただきました。ケーキも。
そしていよいよ、りかさんのお出ましです〜。

懐かしの「Lica-Rika/L.R」のテーマソング&手拍子でお迎えします。
りかさんのいでたちは、「貴公子」のようでもあり、「貴公女」のようでもあり(ハァト)。どよめきが起こります。

壇上に上がっていただき、司会さんに従って皆で♪ハッピーバースディ♪を合唱。そしてまたロウソクに火がついたケーキが運ばれ、りかさんに吹き消していただきます。(やはり一度では消えなかった^^;りかさんもちょっとお疲れのご様子)

品川でも仰っていましたが、りかさんは「歳をとって歳を重ねるのではなく、歳を取る!取り去って行く!」ということで、今日は21才のバースデーだそうです。わ〜パチパチ。来年は20才になるそうです!素晴らしいっ。

会場内に展示されている衣装をご覧になって、「どれが一番好きですか?」と客席にお尋ねになるりかさん。何人かがコンサートでの、あの蛇のようなストッキングのような衣装を指すのを受けて「裸のやつ?(りりりかさん、ハダカじゃないでしょうっ)私もこれが好きです」と仰ってました。

その後、お座りになる間もなく握手会に。
掲示板でもご報告した通り、りかさんはファンひとりひとりに小さなプレゼントを下さった上、握手をしながらひとこと会話をしてくださるという、今迄にない形式でした。
で私達は事前にスタッフさんから「何を喋るか決めておいてください!」と言われたのですがNELは何を言っていいんだか;
ドラマの奈々子さん良かったです!とか…いやシンプルに「御会い出来て幸せです!」にしとこうか…いやヤハリ私の場合、掲示板の向こうで待って下さってる皆様の気持を肩に乗せてることを忘れてはいかん!とも思い…
で;りかさんの前に立って出てきた言葉は「今日来られない友達も沢山いますけれども、関西でお待ちしていますので是非またいらしてください」(←つい関西と言ってしまいましたが、私的には、とにかく「皆が会えなくてもりかさんを好きで、待ってます!」って事をいいたかったのです…;;)
りかさんは「はい! よろしくお伝えください」と答えてくださいました。

ちなみに私の前に握手をされた方は、りかさんのファッションを「王子様のようで素敵です」と言ったところ「はい、今日はそのつもりで来ました(ハァト)」と答えてくださったそうです。きゃ〜きゃ〜王子様よ〜(と盛り上がる私達)。
ほかにもファン同士中で「なに言った??」とあとでおおさわぎになった事はいうまでもありません…
この握手会だけで大変な時間がかかったのですが、りかさんはずーっとにこやかに、あいかわらずの凄い集中力で、ひとりひとりの熱い思いを受け止めて返して下さっていました。
握手の後、私達の手にはしっかりとティファニーの香りが移っておりました。

バースデイパーティなんだから皆でりかさんを祝福して、激励するために来た筈なのに…逆にこちらがサービスしてもらって、元気にさせてもらっちゃいました…。(特に自分は、ファンのわがままをぶつけただけだったかなあ…と思ったりもして、ちょっぴりブルーにもなり;;)
ちなみに、手渡しで頂いたのはこのページの背景の写真にあります、お花の形のクッキーでした。(もう食べちゃった。美味しかったです)

握手会の後、会場に来られなかったFC会員から届いていた大量のバースデイカードと、会員からりかさんへのプレゼントの目録が贈られました。(カードは手提げ袋に一杯!ズッシリと重かったそうです)

その後のトークで、今のお気持ちは?と聞かれ、
「『幸せだな。』っていう言葉しか出てこない…そんな言葉では言い尽くせないんですけれど、『しあわせだな。』という7文字に込めた気持が、伝わるといいなと思います」というような事を仰ってました。(録音しなかったので、言葉が違ってたらすみません;でも指折って数えて7文字って言ったのはまちがいない/笑)(。を入れて7文字だから良いんです!)

最後のコメントでりかさんは
「いつも言っていますけれど、一人では歩けませんので…これからも一緒に歩いてくださいね(ハァト)」
と言ってくだいました。これももちろん、会場のファンだけでなくすべてのファンに対するお気持ちだと思います。

お仕事でもなんでもそうですが、紫吹淳さんはいつでも、どんな状況でも、その中で出来る最良のことを全力でなさる方なんだ…と改めて思いました。それは私達ファンに対することでも同じ。今回、トークの時間は短かったのですが、そのぶん一人一人のファンとのふれあいを大事にして下さったりかさん。(はっきり言ってそれは物凄く疲れる筈です;でも、嫌な顔などなさらないどころか、心から「今なら聞けるから、聞きたいから、話して? 私も答えるよ」っていう目でいらっしゃるんですよ〜/涙)

宝塚時代とは活動の形態が違い、御会いできる期間や場所もまちまちになって、どうしても「遠くなってしまった」と感じざるを得ない事も多いです。でも、りかさんご本人の気持は、なにも変わっていないんだ…これからも信じてついていこう、と強く思いました。

***********

パーティがおひらきになった後、お久しぶりに御会いしたお友達たちにつきあって頂いてお茶して、いろんな話を聞いたり喋ったりして、とても楽しかったです。

ギッシリと中身の詰まった一日でした。引っ張り回した弟はじめ、この日お会いできた皆様に、これからも沢山の幸せがありますように。勿論来られなかった皆様にも、りかさんの暖かい心がどうか伝わりますように。

そしてりかさん、お誕生日おめでとうございました。ありがとうございました。
これからの一年が、素晴らしく輝く日々でありますように。

2005.11.20 Text by NEL