×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ここでは、管理人NELが日々の生活の中で思うことや、綺麗だな〜素敵だな〜と思うものについて語ります。

 2008年 3月5日 光の春

2月のなかばから今日までに、ここ長岡京でも何度か雪が降りました。
といっても、降る端からどんどん溶けてしまう雪です。そして雪の後はだいたい晴天になるので、ほとんど積もることはありませんでした。

ちょっとつまんない。
(大雪で大変な地方のみなさん、すみません)
溶け残った雪でこんなの↓作らずにはいられない自分は…やっぱり子供。子供ですよね。
(うさぎのつもりです) 
 

今日は啓蟄。虫が土の中から出てくる日。

**************

昨夜、久しぶりにりかさんが夢にお出ましになりました。
キラキラ光る衣装…身体にフィットしたバトルスーツみたいな?で、りかさん以外にも何人かの女の子が、色違いで並んでる。なんか「プリキュア5」みたい〜(笑;)
目がさめてから、私ってほんとオタク趣味のオンナノコ好きだなあと;こんな夢の事は人にはいえないな〜としみじみしてしまいました(べつに「プリキュア5」そのものは好きではありません)。

そういえば夏に紫吹淳さん主演ミュージカルが決まったと、メールで連絡を受けていたのにまだニュースをチェックしていなかった。
これはきっと「さぼってないでまじめにやれ」とのりかさんからのお怒りメッセージに違い無いと反省して、最近とみにネット接続が遅くなってきたオルガちゃんを動かして、検索などしてみたわけですが…
『ミュージカル「SHOUT! THE MOD MUSICAL」〜 1960年代のロンドンを舞台に、赤、青、黄、緑、オレンジのミニスカコスチュームを着た個性の全く違う5人の女性が、愛読書「SHOUT」から女性として強く生きるヒントを得ながら成長していく姿を描く。』(中日スポーツニュースより)
…………
………予知夢だったのか!? いやそんな…

でもなんかすごく楽しみです、このミュージカル。レズビアンの役ですって?それは是非がんばって頂きたい(マジで)。
正直、先に年末の『愛と青春の宝塚』の予定が出て、これについてはちょっと…素直に「楽しみ」といっていいのかどうか苦しんでいたのですけど、また気分が変わってきました(勝手なファンだな…)。
ドラキュラのルーシー姫と、夏の「SHOUT!」は頑張って観にいこう〜っと。

 2008年 3月23日 白い小さい花

ある日突然香り立って、ああ本当に冬が終わるんだなあと感じさせてくれる、沈丁花。
春の光を受けてキラキラ光り、清々しく幸せな気持にさせてくれる雪柳。
最後はピンぼけですみませんが、たぶんアーモンドの花です。あるお宅の門先で毎年、ずいぶん早く咲く桜だなあと思いながら見ていたんですが、ある日「桜じゃない!」ということに気付きました。もう散りかけです。この後は木にネットをかけて、実をとるようです。

いよいよ花が咲き始めたな…と思ったらあっという間、今日はこの花、明日はあの花という感じで開いていきますね。皆さんの御近所ではいかがでしょうか。

***********

今日は、京都高島屋で開催されている「辻村寿三郎展」に行きました。というか展示自体は先日もう見たんで、今日はご本人のサインを頂く為だけに行ったという…。
今回は雨月物語や源氏物語を題材にした人形のほか、懐かしのNHK人形劇「新八犬伝」のお人形(リアルタイムで観ていたので本当に涙が出るほど懐かしい)、それから「平成アールデコ」をテーマに、パリのキャバレーをイメージした洋装の目もくらむような麗人達の人形もあり、そのお人形達がショーを演じる『目玉座』のステージまでありました。

とにかく素晴らしくて…
どの角度から観てもため息が出るほど完璧に整った造型はまさに国宝級の技術だと感じました。それでいて、どの人形もエロティックで神々しくて可愛らしく、生命感があります。

抱きしめてもいいよってくらいに身近な感じもすれば、決して手の届かない神秘性も感じる。
そう誰かさんみたいに。

**********

そんなわけで、綺麗なものを目にする機会が多くてうれしい今日このごろですが、いちお自分もモノを作る者のはしくれとして「私ってダメダメだなあ」とも思うのでした。